“おいしい”というのは“旬である”ということです。

人間はもともと、生命を維持するために食べてきました。

呼吸をするのと同じようにモノを食べていて、それがおいしいかどうかを考えることはなかったと思います。

それが次第に“食べ心地のよいもの”を“おいしい”と思うようになった。

シェア

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here