F-DESIGN編集部

19 投稿 0 コメント
高品質の菜種油を手がけた「りんねしゃ」の取締役・大島幸枝さんをゲストに迎え、福島徹と食づくりにかける思いを語った。
都市生活に“自然”をインストールせよ。〜Nature in the City〜をテーマにアルケッチャーノの奥田シェフをゲストにお迎えして、みなさまと食から未来を考えていきます。
食は地域文化ですから、地方ごとに独自の宝物が眠っています。
日本の食文化は発酵と乾物に支えられているんです。米と醤油は日本文化のベース。
美味しさの理由を考えることが単純でないのは、それが、ある意味で人の幸せの理由を考えることに等しいからではないでしょうか。
Haluの野菜からはじまる、健康で豊かな暮らし――横内さんが言う通りの方法で、家の庭で大根を育ててみたら、言葉を失うほどおいしかったんですよ。
Halu農法を利用した農薬も肥料も使わずに、1年を通じて安全な野菜作りが楽しめるプランターセットは都市に暮らす僕たちにとっても自然を感じる時間をやさしく提供してくれます。
新農法の研究者で、株式会社歩屋 代表である横内 猛(よこうち たけし)さんにお話を伺いました。
おいしい”というのは“旬である”ということです。人間はもともと、生命を維持するために食べてきました。